ウーマン

成分にこだわりたい

レディ

しっかり知って上手に使う

化粧水はスキンケアの基礎的なアイテムですが、最近ではさまざまなタイプが売られて口コミで人気を博していますので、違いを知っておくことが押さえておきたい基礎知識となります。テクスチャーに関していえば、さらっとしたタイプもあれば、しっとりしたもの、さらにはとろみの付いたものなどがあります。コットンや手に取って使うタイプもあれば、スプレー式ボトルに入っていて、直接肌に吹き付けるタイプもあります。スプレー式の特徴としては、噴射される粒子が細かく、表皮の中に浸透していきやすいということも知っておきたい基礎知識です。そのため、プレ化粧水と呼ばれる、本格的な保湿用化粧水の前に使うものにスプレー式タイプが多くなっています。このプレ化粧水を使うと、その後の化粧水の浸透をよくしてくれるので、先にプレ化粧水を使ってから保湿をすると、しっかり保湿ができると口コミでも人気です。さらに、コットンパックも口コミでおすすめで、コットンにたっぷりと化粧水をしみこませ、乾く寸前にまた新しい化粧水入りのコットンに取り換えて、肌の奥まで十分保湿する方法です。順番にめくることができるパック専用のコットンも売られていますので、こちらも口コミで使いやすいと評判のものを選び、上手に活用するのがいいでしょう。保湿ができたと感じる目安量としては、500円玉サイズの量の化粧水を三度にわたって肌につけ、最終的に肌がひんやり冷たい感触になったら保湿ができた状態であるとされていますので、これも知識として覚えておくとお手入れの目安がわかりやすくなります。口コミで人気の高い化粧水を選ぶもよし、自分で実際に試してみるもよしで、お手入れの基礎知識は実践するのが早いといえます。